2019年8月25日(日)

比ジョリビー・フーズ、牛肉麺チェーン株を売却

2016/12/14 23:15
保存
共有
印刷
その他

■ジョリビー・フーズ(フィリピンのファストフード最大手) 出資先の中国の牛肉麺チェーン、広西三品王餐飲管理の55%の持ち株全てを、合弁相手の広西宗●(●はかねへんに皆)餐飲投資に売却すると発表した。三品王は売り上げが低迷している。

フィリピン国旗

子会社のジョリビー・ワールドワイドが広西三品王餐飲管理の株式55%を9000万元(約15億円)で売却する。

三品王は広西チワン族自治区の南寧で低価格の牛肉麺チェーンを展開、店舗数は現在71店。ジョリビーが買収した2012年の34店から増えている。

三品王は300店以上を展開するジョリビー傘下のファストフード「永和大王」との厳しい競争にさらされ、第2四半期と第3四半期の売り上げは落ち込んだ。ジョビリーは、三品王を切り離すことで今後、永和大王に力を入れる。

ジョリビーは中国市場を重視しており、「永和大王」のほか、42支店を展開する米粥チェーンの「宏状元」と16店舗を運営する火鍋の「石二鍋」に投資している。また、中国の主要な都市や省でダンキンドーナツの独占営業権を持つ。

ジョリビー・フーズの売上高は今年1~9月で前年同期比14.1%増の1078億ペソ(約2480億円)。中国での事業は売上高の約10分の1を占めている。(マニラ=クリフ・ベンゾン)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。