第一三共、見えぬ「特効薬」 特許切れに危機感 がん領域注力

2016/12/14 0:20
保存
共有
印刷
その他

第一三共が新薬開発で背水の陣に立っている。13日に開いた研究開発の説明会で、がん治療薬のテコ入れを急ぐ方針を表明した。高血圧薬など主力製品の特許切れ、いわゆる「パテントクリフ(特許の崖)」が今秋から始まったためだ。収益の先細りを回避する必要があるが、「特効薬」はなかなか見当たらず、危機感は強まっている。

「今後は優先順位をつけて新薬開発を進めていく」。説明会でがんの研究開発部門トップのアントワン…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]