/

加賀屋、37年連続1位ならず 「日本のホテル・旅館100選」

旅行業界紙の旅行新聞新社(東京・千代田)は「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」の2017年の結果を発表した。老舗旅館の加賀屋(石川県七尾市)は総合3位で、36年連続で1位に選ばれていた記録は途絶えた。表彰式は17年1月20日に東京都内で開かれる。

調査は全国の旅行会社の関係者らが「もてなし」「料理」「施設」「企画」の4部門などで投票し、結果をまとめた。個別の部門では、加賀屋はもてなしで1位だったほか、料理では6位、施設では2位、企画で4位といずれも高評価だった。

総合1位は八幡屋(福島県石川町)で、2位は白玉の湯泉慶・華鳳(新潟県新発田市)。調査は42回目。加賀屋はこれまで常に総合でトップ10入りしている。

加賀屋は「結果を真摯に受け止め、いま一度原点に立ち返り、お客様に喜んでもらえるよう全社員の心を1つに精進していく」とコメントした。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン