洋菓子店「つぶれる」危機感が美味育て

2016/12/10 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「洋菓子屋はつぶれる」。山口県宇部市の老舗洋菓子店、ロイヤルの2代目である薬師寺隆の持論だ。自虐ではなく、そうならないために自らを叱咤(しった)する警告と考えている。ここにきて、これまでの努力が実を結び始めた。

12月初旬、東京の日本橋高島屋の催事で店長の一押しとして紹介されたのがロイヤルの「ブランデーケーキ」だ。最高級のエクセレントXOはヘネシー社の高級ブランデーをケーキ24本で使い切るという…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]