/

この記事は会員限定です

フィンテックで特許訴訟 中小向け会計ソフト巡り

フリー、同業のマネーフォワード相手に

[有料会員限定]

金融とIT(情報技術)を融合したフィンテック分野で有力企業の訴訟が勃発した。クラウド会計ソフトのfreee(東京・品川、フリー)は8日、同業のマネーフォワード(東京・港)が資金の出入りデータを自動仕訳する技術の特許を侵害したとして差し止め請求訴訟を起こしたと発表した。新市場でのシェア争いが引き金となった格好だが、訴訟の行方次第では成長産業の育成に影響がでかねない。

フリーが侵害されたと主張している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン