/

この記事は会員限定です

プロドローン、米SVに現法 ソフト会社と連携し機体開発

[有料会員限定]

産業用の小型無人機(ドローン)の開発・製造を手がけるプロドローン(名古屋市、河野雅一社長)は、米国のシリコンバレーに現地法人を開設した。ドローン向けのソフトを開発する現地企業などと連携し、機体の開発などを手掛ける。来年1月から試作品の開発や販売などの業務を始める。米国では農薬散布や商品の運搬・配送などドローン市場の拡大が見込めると判断した。

米現法には技術者ら5人を置き、現地での市場調査や取引先の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1092文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン