2019年8月25日(日)

ららぽーと立川、車利用客が急増 平日の駐車場無料化で

2016/12/8 7:00
保存
共有
印刷
その他

東京都立川市の大型商業施設「ららぽーと立川立飛」が開業後1周年を迎えたのを受けて、運営する三井不動産商業マネジメント(東京・中央)は7日、同施設の営業状況を発表した。この中で開業当初は渋滞対策で車利用を抑制してきたが、4月からの平日の駐車場無料化でマイカー客の比率が3割から7割と大幅に上がったことを初めて明らかにした。

2015年12月10日に開業したららぽーと立川を巡っては、「車での来客により周辺の道路渋滞を招く」と懸念する声が立川市や警察などに多かった。このため、三井は買い物客らに最寄り駅が施設に直結する多摩都市モノレールなど公共交通の利用を強く要請してきた。

だが、「車の利用が想定よりも低い状況が続いていた」(越川幹男・ららぽーと立川立飛オペレーションセンター所長)ため、4月から施設内の有料駐車場(計3100台収容)を平日は終日無料に変更した。

この結果、車での来数が増加。当初3割程度だったマイカー客の比率が6月の調査時点では7割に急上昇。逆にモノレール利用の買い物客は当初の約70%から25%程度に減少した。残る5%は自転車利用や徒歩など。

土日・祝日の無料化については「今のところ検討していない」。モノレールなどで10回来館すると買い物時の割引特典が付く公共交通利用促進のキャンペーンは今後も続けるという。

一方、売り上げ動向では「飲食や食品、サービスを中心に堅調に推移。物販も家具など家庭用品や雑貨などは順調だが、衣料品は子供関連以外では若干動きが鈍い」(越川所長)と説明した。商圏は「当初の想定通りの約5キロ圏」(越川所長)としたが、年間売上高(目標額330億円)に関しては2017年3月末に終わる「通期稼働の2016年度分から公表する」と言及を避けた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。