/

この記事は会員限定です

名古屋銀、「予備校の商標権」評価し融資 中部で知的財産権活用広がる

[有料会員限定]

中部の金融機関が取引先の持つ知的財産権を活用した融資や事業支援に乗り出している。名古屋銀行が予備校の商標権を参考にした融資を実行したほか、百五銀行は与信枠の拡大や取引先の販路拡充に活用することを検討。金融庁が取引先の担保や保証に依存しない「事業性評価」に基づいた金融サービスを求めるなかで、今後活用の動きが広がりそうだ。

金融機関は知財の価値を評価し、財務諸表などと合わせて融資などの判断材料にしている。中小企業向けが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り855文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン