/

この記事は会員限定です

中部・北陸で観光振興の新組織 国別に観光PR

[有料会員限定]

中部や北陸地方などの観光振興に取り組む官民組織「中部広域観光推進協議会」は5日、2017年6月をめどに新組織「中央日本総合観光機構」に移行すると発表した。現在の協議会は解散する。民間の関与を強め、観光客が来る国・地域ごとのPR策を検討できる体制にする。

新組織は「日本版DMO」と呼ばれるもの。代表理事には中部経済連合会の豊田鐵郎会長が就く。県庁職員を中心とした従来の協議会から民間出身のスタッフを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り319文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン