米金利急上昇、邦銀に逆風 ドル調達費用拡大
期待先行のトランプ相場余波

2016/12/5 1:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国の金利上昇に伴い、邦銀が市場でドルを調達する際の費用が再び膨らんでいる。2日までに2008年のリーマン危機以降で最高の水準に上昇。米国債の価格も金利上昇で下落しており、国内のマイナス金利とともに収益環境が厳しさを増す。中期的には貸出金利上昇などで恩恵を受ける面もある。

米長期金利は大統領選のあった11月8日から10日間でおよそ0.5%上昇(米国債は値下がり)。その後も上がり続け12月2日には…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]