/

この記事は会員限定です

店舗・工場データも保護対象 経産省、不正利用を防止

[有料会員限定]

経済産業省は有料で販売する小売店の販売データや工場の稼働データといったデータベースを、不正競争防止法上の保護対象に加える方針だ。IDとパスワードによるロックなどを不正に解除する手段を提供した場合、懲役刑や罰金などの対象となる。データベースを有料で売買するサービスが増えていることに対応する。

5日に産業構造審議会(経産相の諮問機関)の委員会を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン