/

日乃本食産が製造工場、ハラル認証の和総菜

ごま豆腐などを製造販売する日乃本食産(兵庫県三田市)はイスラム教の戒律に沿うことを示す「ハラル認証」を受けた和総菜の工場を神戸市北区で15日から本格稼働する。イスラム教徒の訪日客が増える中、ホテルの朝食ビュッフェなどでの需要を見込む。ハラル認証の和総菜は珍しい。

新工場の建屋面積は600平方メートル。既存の工場施設を神戸市から借りる。工場内で豚由来成分とアルコールの混入リスクがないかなどを確認し、筑前煮やきんぴらごぼうなど300商品を製造する。日本ハラール協会(大阪市)からハラールキッチンの認証を取得した。

ホテルの朝食のほか、大学食堂や機内食など新たな販路も開拓する。総投資額は1億1千万円。このうち5千万円を日本政策金融公庫が融資し、3千万円をみなと銀行が出資した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン