2019年4月22日(月)

アシックス、初の普通社債200億円 需要好調で計画比倍増

2016/12/1 23:29
保存
共有
印刷
その他

アシックスは1日、同社として初めてとなる普通社債(SB)を200億円発行すると発表した。当初は100億円の調達を計画していたが、利回りの高さなどから投資家の需要が強く起債額を2倍に増やした。調達資金は長期借入金の返済や運転資金に使う計画だ。

起債したのは満期までの期間5年のSBで表面利率は0.14%、払込日は7日。アシックスは2020年の東京五輪・パラリンピックに向けてスポーツ用品など新製品の開発に注力しており、市場から長期の資金を調達することを決めた。

アシックスは11月7日に投資家に起債を通知した。初の公募債とあって銘柄の希少性が高いうえ「米大統領選後の国債利回りの上昇を考慮して条件を決めた」(主幹事証券)といい、地方銀行や年金基金など幅広い投資家から需要が集まった。主幹事証券によると700億円弱の需要があったという。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報