/

この記事は会員限定です

イタリア改憲反対派が優勢 4日国民投票、レンツィ政権に審判

[有料会員限定]

【ジュネーブ=原克彦】憲法改正の是非を問うイタリアの国民投票とオーストリアのやり直し大統領選挙が12月4日に迫った。伊では事実上、政権への信任投票となるが反対派が優勢。オーストリアでは極右候補がリベラル派と競り合う。結果次第で両国とも総選挙を前倒しする可能性があり、来年の欧州は仏大統領選やドイツ議会選などと合わせて選挙ラッシュとなる可能性がある。

伊国民投票は政治を安定させるために上院の権限を大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン