薄鋼板、1年ぶり高値 メーカー値上げ一部浸透

2016/11/30 23:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

建材や自動車に使う薄鋼板の市中価格が上昇し、1年ぶりの高値をつけた。原料コストの急騰をきっかけに鉄鋼メーカーが値上げで足並みをそろえ、流通市場でも値上げが一部で浸透。在庫の減少やアジア市況の反発も下支え要因となっている。高炉は追加の値上げを表明しており、流通・加工業者も一段の転嫁を迫られる。

価格の指標となる熱延鋼板(厚さ3.2ミリ)の一般流通価格は、東京地区で1トン5万9000円と10月末に比…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]