/

この記事は会員限定です

森林鉄道、行き先は「日本遺産」 高知東部5町村、認定へ走る

[有料会員限定]

高知県東部の中芸5町村が、かつて走っていた「旧魚梁瀬(やなせ)森林鉄道」を日本遺産にしようと取り組んでいる。行政や地域住民だけでなく、高知大学も協力する。2017年2月ごろの申請に向け、地域の観光や1次産業活性化につながるストーリー作りが進んでいる。

「高知の森林鉄道を全部延ばしたら東京まで行けそう」。高知市の藁(わら)工ミュージアムで開催中の企画展「高知の森林鉄道∞」で、展示をみていた来場者の女...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1148文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン