/

この記事は会員限定です

全農刷新、農水省の采配カギ 政府が改革正式決定

[有料会員限定]

政府は29日、農業商社の全国農業協同組合連合会(JA全農)の組織刷新を柱とする「農業競争力強化プログラム」を正式に決めた。農家が負担するコストを下げる一方、農産物の価格は上げて農家の収入増をめざす。ただ全農がどこまで自らの組織にメスを入れるかは見通せず、監督官庁である農林水産省の役割が鍵を握りそうだ。

同日の閣議後会見で山本有二農相は「農業者の努力では解決できない構造的な問題を解決するものだ」と述...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り400文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン