/

この記事は会員限定です

自治体向け雨量簡単計測 NTTドコモ、低コストで

[有料会員限定]

NTTドコモは来年3月までに地方自治体が雨量を簡単に計測できる新たな防災サービスを始める。組み立てが容易な太陽光発電で動く計測装置を開発し、初期投資を従来の半分以下に抑えた。計測したデータは携帯電話網を通じてクラウドに集めて、ゲリラ豪雨や台風といった異常気象時の対策が取りやすいようにする。全国の自治体の防災需要を狙う。

計測装置やクラウドの導入費を含め初期費用を120万円に抑えた。一般的な観測装置を導入すると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り392文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン