全農改革案を了承 規制改革推進会議で政府

2016/11/29 1:28
保存
共有
印刷
その他

政府は28日、規制改革推進会議を首相官邸で開き、全国農業協同組合連合会(JA全農)の組織刷新などを盛り込んだ政府・自民党の農業改革案を了承した。安倍晋三首相は全農について「年次計画を立て生まれ変わるつもりで自己改革を進めていただく。規制改革会議は改革の進捗をフォローアップしてもらいたい」と語った。

規制改革会議の作業部会は11日に独自の改革案を公表。全農に対し、農薬などの資材を農家に売る事業からの撤退や、農産品の委託販売の廃止を求め、いずれも「1年以内」に実行することを提言。自民党などの反発を受け、政府・自民党案には具体的な期限が明記されず、全農による自主改革を求めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]