/

堀場製作所、インドに技術センター 自動車関連を拡充

堀場製作所は28日、インド中西部のプネに技術センターを開設すると発表した。主力製品である自動車の排ガスの検査機器の試験センターとショールームで構成する。顧客である自動車メーカーに自社製品の実演を見てもらうとともに、顧客に合ったソフトの改良にも応じる。インドの自動車関連機器の売上高を2020年に16年比で1.5倍の30億円にする。

設立するのは「ホリバ・インド社テクニカルセンター」。投資額は10億円で、敷地面積は1万平方メートル。インドでの拠点は5カ所目となる。

これまでは、デリーやチェンナイなど北部、南部が中心だった。中西部のムンバイ港近郊に拠点を設け、エンジンなどの自動車部品の輸出入の際の検査需要に応える。

インドでは大気汚染が社会問題化しており、自動車の排ガス削減に向けた環境車シフトが進む。拡大する排ガス検査需要などを取り込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン