11/24 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: NYダウ反発で始まる 一時190ドル高、ワクチン実用化期待
  2. 2位: 日本株、出遅れ割安株が優位に 米大統領選で潮目変化[有料会員限定]
  3. 3位: ZOZO、アパレル一人勝ちの死角 下がる資産効率[有料会員限定]
  4. 4位: 2021年、ESGの奔流は止まらない[有料会員限定]
  5. 5位: 再編でよみがえる「変態企業」 自動車も進化の兆し[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,566,629億円
  • 東証2部 68,473億円
  • ジャスダック 98,749億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.27倍 --
株価収益率20.93倍26.49倍
株式益回り4.77%3.77%
配当利回り1.89% 1.68%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 25,527.37 -106.97
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
25,540 ±0

[PR]

スクランブル

フォローする

アナリスト不在の不幸 強まる規制、荒れる株価
証券部次長 川崎健

2016/11/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

28日は日経平均株価の上昇にブレーキがかかった。投資家が知りたいのは長い上昇局面での小休止なのか、終わりの始まりなのかだろうが、トランプ相場の出現を予想できなかったストラテジストたちの答えは歯切れが悪い。先行きが読めない今の市場で同様に頭を悩ませる専門家がいる。個別企業の業績と株価を分析するアナリストたちだ。

「トランプラリーは健在か? そんなの分かりませんよ」。あるストラテジスト氏は、うんざり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム