2019年2月24日(日)

南部バス、再生法申請 岩手県北自動車に事業譲渡へ

2016/11/29 7:00
保存
共有
印刷
その他

青森県南部地域を中心にバス事業を展開する南部バス(青森県八戸市)は28日、東京地裁に民事再生法の適用を申請したと発表した。代理人の高橋修平弁護士によると、負債総額は26億円強。

南部バスは当面バス運行を続けるが、岩手県北部に路線網を持つ岩手県北自動車(盛岡市)に全事業を年内に譲渡する方向で協議している。譲渡後も「南部バス」のブランドは維持するという。

南部バスは1926年に「五戸鉄道」として設立され、70年に現在の社名になった。従業員は約250人で路線バス、貸し切りバスのほか、高速バスを八戸―仙台間などで運行している。

帝国データバンクによると、ピーク時は20億円以上の売り上げがあったが、最近は乗客数の減少で赤字が続き、2016年3月期は約14億円まで落ち込んだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報