/

この記事は会員限定です

大島造船所、ベトナムの設計人員3倍 200人体制に

[有料会員限定]

大島造船所(長崎県西海市)はベトナムの設計拠点の人員を現在の約3倍の200人体制にする。日本では設計担当者を採用するのが難しくなっており、電装などの詳細設計はベトナムをメーンの拠点とする。新造船の建造量が高水準で推移していることに対応する。

ベトナムの拠点には現在70~80人の設計担当者がいる。これを今年度中に100人に増やし、2~3年かけて200人を目指す。ベトナムの拠点では電装やエンジン周辺...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン