キャンプファイヤー、ネットで融資事業参入

2016/11/28 0:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

クラウドファンディング大手のキャンプファイヤー(東京・渋谷、家入一真社長)は来年春、インターネットを通じて投資家とお金を借りたい人を仲介するソーシャルレンディング事業を始める。投資利回りは年5%前後になる見通しで投資色が強い。大手の参入で、ベンチャーや中小企業が個人投資家から小口資金を集める新しい方法として広がる可能性がある。

クラウドファンディングは4種類あり、ソーシャルレンディングは小口の資…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]