/

この記事は会員限定です

華為、東京に研究拠点 日本企業とIoT協業

[有料会員限定]

中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)が日本に先端技術の研究開発拠点を設ける。日本企業との協業を進め、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や次世代無線技術「5G」の実用化につなげる。通信機器や携帯端末の販売先としてだけでなく、仮想現実(VR)など研究開発の分野でも日本を重要拠点として位置づける。

日本経済新聞との取材に応じた胡厚崑副会長兼輪番最高経営責任者(CEO)が明らかにした。東京に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り583文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン