九大生VB、後付け羽根で風力発電量2倍 QBファンド出資

2016/11/26 2:00
保存
共有
印刷
その他

九州大学の現役学生が起業したベンチャー企業「日本風洞製作所」(福岡県久留米市)が、風力発電の効率化に向けた装置の製品化に乗り出す。風力発電機に後付けもできるプロペラを2018年から発売する。2層の羽根で風を受けることで、低コストで発電量を2倍に増やせる。土地が狭く、新規の風力発電機の立地に制限のある日本や台湾の需要を見込む。

西日本シティ銀行や産学連携機構九州(福岡市)などが出資して作った大学発…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]