/

備前焼と地酒、岡山県がPR 東京で1月イベント

岡山県は25日、首都圏で岡山の特産品を販促するイベントを1月12、13日にアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」(東京・港)で実施すると発表した。県内で多く栽培される酒米「雄町米」を使った日本酒や地元産のかきを使ったつまみなどを提供する。岡山の地酒は知名度が低く、イベントを通じて販路の拡大につなげる。

「備前焼で愉(たの)しむ雄町米の地酒BAR」として、有料で酒やつまみを楽しめるようにする。参加費は千円で、千円分のチケットとつまみがもらえる。地元の酒蔵から利守酒造(岡山県赤磐市)と室町酒造(同)、宮下酒造(岡山市)が出展。チケットで酒と焼きままかりなど岡山名産のつまみを購入できる。

先着500人に備前焼のぐい飲みをプレゼントするほか、13日には利き酒師でライターの市田真紀氏による日本酒セミナーも実施する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン