/

この記事は会員限定です

外国人の訪問介護、17年4月から可能に

[有料会員限定]

厚生労働省は2017年4月、経済連携協定(EPA)に基づき東南アジアから来日した介護福祉士が訪問介護に従事できるようにする。これまでは特別養護老人ホームなど施設でしか働けなかった。高齢化に伴い不足感の強まる介護人材の改善につなげる。

厚労省は介護分野の受け入れに関する指針を改正する。対象になるのはインドネシア、フィリピン、ベトナムの3カ国。EPAで来日し、日本の介護福祉士の資格を取得...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り194文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン