/

日生と住生、関西で融資残高減少 9月末

日本生命保険と住友生命保険は24日、関西地区での9月末の融資残高が3月末と比べてそれぞれ3.5%、9.3%減少したことを明らかにした。日生は貸出先数は増えたが、大口融資先からの返済や、一部取引先と金利について折り合わなかったのが響いた。住生も企業が設備投資を手元資金でまかなうケースが目立ち、資金需要が減ったという。

両社が2016年4~9月期連結決算発表の記者会見で明らかにした。大阪市内に保有するオフィスの空室率は日生は改善し、住生は横ばいだった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン