/

ガソリン、2週連続下落 店頭平均125.8円

資源エネルギー庁が24日発表した21日時点のレギュラーガソリンの店頭価格(全国平均)は前週と比べて0.5円安い、1リットル125.8円だった。11月中旬に石油会社が卸価格を引き下げ、店頭価格に波及した。2週連続の値下がりとなった。

福井、鳥取、岡山など38道府県で値下がりした。長野、高知など4県は横ばい。長崎、東京など値上がりは5都県にとどまった。最高値は長崎の135.3円、最安値は埼玉の120.9円だった。東京は128.5円、大阪は124.8円。

アジア指標となる中東産ドバイ原油は24日、1バレル46.30ドル前後と11月中旬の直近安値と比べて1割高い。円相場は24日、1ドル=113円前後で推移し、米大統領選前と比べて10円程度円安・ドル高が進んだ。原油の調達コストの押し上げ要因となっている。

今週、石油会社はガソリン1リットルあたり0.5~1.5円の卸価格の引き上げを系列の特約店に通知した。石油情報センターは「来週は小幅に値上がりしそう」と予想する。

軽油は7週ぶりに値下がりし、前週比0.2円安い1リットル104.9円。灯油は6週連続で値上がりし、前週比0.1円高い同66.0円だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン