/

この記事は会員限定です

埼玉・入間市 高齢者の身元確認、QRシールで 目立たぬよう爪に

[有料会員限定]

埼玉県入間市は高齢者の身元確認にQRコードを活用する取り組みを始めた。地元IT(情報技術)企業が開発した小型シールを発行し、高齢者の爪などに貼ってもらう。徘徊(はいかい)で保護された際にQRコードから読み取った情報を市に通知すると、家族に連絡が届く仕組みだ。認知症高齢者が行方不明となるのを防ぎ、家族の安心につなげる。

入間市はこのほど「徘徊SOS支援事業」として、「爪Qシール」の配布を始めた。シー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り775文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン