/

この記事は会員限定です

運転手不足に対応「ダブルトラック」実験始まる 鈴鹿を出発

[有料会員限定]

国土交通省中部地方整備局などは22日、大型トラックの後ろにもう1つ荷台を連結した「ダブル連結トラック」の走行実験を始めた。トラック2台分の貨物を一度に運べるようにして、運輸業界のドライバー不足に対応するのが狙いだ。安全性などを検証したうえで、車両の長さ制限を緩和し、2018年度の本格導入を目指す。

走行ルートは埼玉県狭山市―愛知県豊田市(3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り172文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン