安永、リチウムイオン電池寿命を12倍向上

2016/11/23 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車エンジン部品の中堅メーカー、安永は22日、リチウムイオン電池の寿命を12倍伸ばす新技術を開発したと発表した。電極板の製造過程で、アルミ箔の集電体とリチウムイオンを吸着する活物質の結合を高める独自技術を導入し、長寿命化を実現した。電気自動車(EV)のほか、家庭用太陽光発電の蓄電装置などへの採用を目指す。

開発したのは、正極板の集電体から活物質の剥離を抑える技術。従来は活物質と集電体はバインダ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]