清水建設、米VCと連携 最先端ITで現場省力化

2016/11/22 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 清水建設は日本と米シリコンバレーに本拠を持つベンチャーキャピタル(VC)、ドレイパーネクサスベンチャーズが組成したファンドに出資した。建設業界で中長期的に人手不足が見込まれる中、最先端のIT(情報技術)などの知見を取り入れ、現場の省力化につなげる。大手ゼネコンがシリコンバレーのVCと手を組むのは珍しい。

 このほど約3億円をファンドに出資した。ファンドの投資先の中で、省人化分野などで技術を生かせる…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 2:00
20日 22:00
東海 2:00
1:31
北陸 20日 21:30
20日 21:30
関西 2:12
2:00
中国 2:00
2:00
四国 1:31
1:31
九州
沖縄
2:00
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報