グリーンペプタイド、血液がん治療薬開発へ iPS活用

2016/11/21 1:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

がん免疫療法を手がけるグリーンペプタイドはiPS細胞を活用し、血液がんの治療薬の開発に乗り出す。2017年から臨床研究を始める。

開発する「T-iPS細胞療法」は血液から免疫細胞を取り出してiPS細胞に初期化し、再度免疫細胞に作り直して患者に戻すもの。

東京大学医科学研究所教授の中内啓光氏の研究が基になっている。同氏の特許を保有するiCELL(東京・港)と共同で事業化する…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]