/

この記事は会員限定です

コンビニ全商品に電子タグ 25年目標、決済や管理簡単に

[有料会員限定]

経済産業省とコンビニエンスストア各社は、2025年までにコンビニの全ての商品に電子タグを使うことを目指す。バーコードの代わりに、ICチップとアンテナを内蔵した電子タグを商品に貼れば、決済や商品の管理が簡単にできるようになる。年明けにコンビニ大手のローソンと実証実験に乗り出し、各社での導入につなげる考えだ。

バーコードはレジでの精算や検品などの際、1つずつ手作業で商品情報を読み込まなければいけないが、電子タ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り434文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン