/

この記事は会員限定です

大林組、研修システムにVR活用 施工管理者向け

[有料会員限定]

大林組は仮想現実(VR)を活用した施工管理者向けの研修システムを開発した。鉄筋の配置など建築に必要な基礎知識を実際の現場を再現したモデルで学べる。専用の施設は不要で、支店や建築現場の事務所など様々な場所で研修を実施できる。施工品質の維持向上につなげる。

2017年1月から各支店で研修に新システムを用いる。ノートパソコン、ヘッドマウントディスプレー(HMD)、コントローラーなど一般的なVRシステムを使う。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り327文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン