/

この記事は会員限定です

スポーツ観戦、360度3Dで KDDIが開発

[有料会員限定]

KDDIは3次元(3D)映像を使って様々な角度からサッカーなどのスポーツ観戦のできる技術を開発した。2017年度の商用化をめざす。スタジアム内に設置した高精細な映像に対応する「4K」カメラと「8K」カメラで360度の3D映像をつくる。映像制作会社などに同技術をシステムとして販売する。

映像はスマートフォンや仮想現実(VR)機器で視聴できる。例えば3台のカメラで映した映像のうち、特定のプレーヤーを映したもの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン