関税優遇、中国やタイ除外 経済発展で必要性薄く

2016/11/18 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省は中国やメキシコなど5カ国を途上国への関税減免の対象から外す。経済が発展し、援助の必要性が薄れたと判断した。2019年度から実施する。トランプ次期米大統領は中国やメキシコからの輸入品に高関税をかけると訴えてきた。日本の制度変更は過度な優遇を縮小する狙いだが、実質的な関税引き上げとの誤解を招く恐れもある。

途上国への関税減免は「特恵関税」と呼ばれる。財務省は24日に開く関税・外国為替等審議会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]