2019年2月16日(土)

「やせる細胞」量産技術 アイロムなど日米で特許

2016/11/16 23:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

臨床試験(治験)支援大手のアイロムグループと国立国際医療研究センター研究所は、脂肪を燃やすヒトの「褐色脂肪細胞」の量産技術を開発した。iPS細胞などの幹細胞から遺伝子操作技術を使わず体内の環境に近い状態で培養できるためリスクが低く、肥満などの幅広い治療法開発や創薬につながる。他の製薬会社に技術提供してライセンス収入を得る考え。

日米で特許が成立した。褐色脂肪細胞は体に蓄積された脂肪を分解して熱に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報