/

この記事は会員限定です

「やせる細胞」量産技術 アイロムなど日米で特許

[有料会員限定]

臨床試験(治験)支援大手のアイロムグループと国立国際医療研究センター研究所は、脂肪を燃やすヒトの「褐色脂肪細胞」の量産技術を開発した。iPS細胞などの幹細胞から遺伝子操作技術を使わず体内の環境に近い状態で培養できるためリスクが低く、肥満などの幅広い治療法開発や創薬につながる。他の製薬会社に技術提供してライセンス収入を得る考え。

日米で特許が成立した。褐色脂肪細胞は体に蓄積された脂肪を分解して熱に変えるため「やせる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン