/

この記事は会員限定です

王子HD、「甘草」栽培期間半分に 国内で量産技術

[有料会員限定]

王子ホールディングス(HD)は漢方薬の原料となる薬用植物「甘草(カンゾウ)」を一般的な栽培期間の半分以下の2年で収穫できる技術を確立した。漢方薬のほか、化粧品や食品で幅広く使われているが、現状はほぼ輸入品に頼っており、価格が急騰している。国産への需要が大きいと判断、遊休地での自社栽培で早期に年30トン程度の生産・販売を目指す。

王子HDは一般的な農地で肥料や水分などを調節することで、種まきから収...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン