3度目やったら終わりだ シャープ 戴改革の行方(ルポ迫真)

2016/11/11 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「この先どうなるのか不安」「全員が福山に移れるのか。結果的に人を減らすためでは」――。2日、電子部品を生産するシャープの三原工場(広島県三原市)で複数の男性社員が険しい表情で語った。その前日の1日、社長の戴正呉(65)が三原工場の閉鎖と、福山工場(広島県福山市)への集約を検討していると明言したからだ。

シャープは経営危機が続いても主力工場を閉鎖していない。従業員が約300人の三原工場は長年の懸案…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]