/

この記事は会員限定です

AI「ワトソン」が学生に進路指導 日本IBMと金沢工大

[有料会員限定]

日本IBMは金沢工業大学と組み、個々の学生にあわせて進路を指導するシステムを開発する。人工知能(AI)技術を使うコンピューター「ワトソン」を使う。卒業生のデータをもとに最適な就職先を提案したり、希望の就職先に必要な資格を提示したりする。

2017年4月にも試験システムの稼働を始め、18年春の本格運用をめざす。大学院生を含む計約7300人の学生が対象で、学年や学期の変わり目などに学生がスマートフォン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン