/

カドカワの17年3月期、純利益40億円 「君の名は。」好調

カドカワは10日、2017年3月期の連結純利益が前期比42%減の40億円になりそうだと発表した。従来予想より減益幅が22億5000万円縮小する。出版事業で電子書籍やヒットした映画「君の名は。」に関連した若者向けのライトノベルの販売が想定以上に伸びる。停滞する雑誌の部数を減らすなど、コスト削減も進める。

売上高は20億円引き上げ、1%増の2020億円を見込む。出版事業はマンガの販売も好調で、物流面の効率化で返品率が低下している。動画配信サイト「ニコニコ動画」を運営するWebサービス事業は、競争の激化や投資の先行で伸び悩む見通しだ。

同日発表した16年4~9月期の連結決算は、売上高が前年同期比6%増の997億円、純利益は58%増の30億円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン