山陰合銀、仮想通貨を実験 社員食堂、安全性など検証

2016/11/11 6:00
保存
共有
印刷
その他

山陰合同銀行は10日、仮想通貨の基盤技術である「ブロックチェーン」を適用した電子マネーの実証実験を始めた。コンサルティング会社のOrb(オーブ、東京・新宿)が技術を提供した。本店内の社員食堂と売店で約3週間流通させて使い勝手や安全性を検証。「地域通貨」など新しいサービス導入につなげる。

Orbはネット上の取引記録を利用者同士で共有するブロックチェーンを使う仮想通貨システム「スマートコイン」の開発…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]