/

この記事は会員限定です

千代田化工、インド発電所に環境技術 大気汚染を改善

[有料会員限定]

千代田化工建設はインドの総合重機大手ラーセン・アンド・トゥブロ(L&T)に火力発電所の排煙を脱硫する環境技術を供与する。高成長するインドでは火力発電所の建設計画が相次いでいるが、大気汚染も深刻で環境規制が強化されている。新設と既存の火力発電所への環境装置の設置を見込む。

発電所で重油や石炭を燃やしてボイラーで蒸気を発生させる際の排煙から硫黄酸化物(SOx)を取り除く。排煙は粒子状物質(PM)の原...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り257文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン