/

この記事は会員限定です

瀬戸芸閉幕、3年後に期待と課題 集客へ工夫必要

[有料会員限定]

瀬戸内海の島々を舞台に3年ぶりに開かれた現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2016」が6日、計108日の会期を終え閉幕した。3回目となる今回はアジアとの交流や食の発信、地域文化との連携といった新機軸を打ち出し、外国人観光客も多く訪れた。次回も集客力を保つにはさらなる進化が必要になる。

「今後もアートを通じた地域活性化の取り組みを続けたい」。3日に高松市内で開かれた芸術祭の閉幕式で、実行委員会会長の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン