/

北海道経産局がハラルメニューの試食会

北海道経済産業局は30日、道内の飲食店やホテルなど向けに、イスラム教徒(ムスリム)の戒律に対応した食事メニューの試食会を開く。宗教上の禁忌に触れないことを示す「ハラル」の食材や調味料を使った食事や食品の開発を支援するのが狙い。

経産局がJTBや北海道二十一世紀総合研究所(札幌市)と協力して開くムスリム観光客対策セミナーの一環。札幌グランドホテルは7月から和洋中の各レストランでハラル食を提供しており、今回の試食会で朝食メニューを提供する。

ムスリム向け情報サイトを運営するハラールメディアジャパン(東京・渋谷)や旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)イスタンブール支店の代表者らが、日本のムスリム観光客受け入れの課題についての公開議論も行う。参加の申し込みは18日まで。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン