/

関経連の森会長 カジノ誘致「万博との連携に期待」

関西経済連合会の森詳介会長(関西電力相談役)は8日、今臨時国会での審議が予定される統合型リゾート(IR)関連法案(カジノ法案)について「大阪のベイエリア開発の有効なツールとなるので(できるだけ早く)成立させていただきたい」と要望した。

大阪府・市などは2025年の開催を目指す国際博覧会(万博)の会場に想定する夢洲へのIR誘致を視野に入れている。森会長は「万博とIRを連携させれば投資効率がよくなる」と述べた。

関経連など関西の経済3団体と大阪府・市、関西広域連合は9日、万博の誘致組織の準備会を立ち上げる。森会長は「一つの前進と思っている。(地元の機運の盛り上げに)協力していきたい」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン