/

この記事は会員限定です

「痛勤」電車を減らせ 鉄道各社が緩和策

混雑状況配信も バスに振り替え

[有料会員限定]

鉄道各社が身動きも取れない「痛勤」電車の改善に乗り出す。東日本旅客鉄道(JR東日本)は電車ごとの混雑率をリアルタイム表示するシステムを開発。混雑度合いに応じて運行を調節するほか、利用客向けにスマートフォン(スマホ)への情報配信を検討する。京浜急行電鉄は1編成当たりの車両数を増やす。通勤・通学時の不快さを減らし、沿線住民の満足度を高める。

JR東日本は電車がどこを走っているか一覧できるシステムに、混雑率や遅延時間を色分けして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り986文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン